ドライクリーニング

ドライクリーニングとは

ドライクリーニングのドライとは、「乾燥」「湿っていない」「水分が少ない」「水分が無い」という意味です。

つまり、「ドライクリーニング」というのは「水を使わないクリーニング」です。

水洗いにより下記のような経験をして困ったことはありませんか?

  • セーターなどの毛製品が毛羽立ってしまった
  • 衣服の形が崩れてしまった
  • 衣服が縮んでしまった
  • 衣服の色がにじんでしまった
  • 衣服の風合いが変化してしまった

ドライクリーニングは、上記のような水で洗濯するときに起きてしまう変化を起きにくくするために、「水」の代わりに「有機溶剤」を使う洗濯方法です。

つまりドライクリーニングは、水に弱い衣服の汚れを落とし、長持ちさせることができるのです。

有機溶剤とは

有機溶剤とは、主に石油や塩素を原料にした、溶質(溶けるもの)を溶かす液体です。

水洗いでは落ちにくい油溶性の汚れを落とすことを得意としています。

マニキュアを落とすのに除光液を使ったり、ペンキを落とすのにシンナーを使うように、油溶性の汚れには有機溶剤を使うとよく落ちるのです。

ドライクリーニングの特徴

ポケットにティッシュを入れたまま水洗いをしてしまうと、ティッシュはボロボロになりますが、ドライクリーニングの場合はキレイな状態を保ったままになります。

ここからわかるように、ドライクリーニングは衣類へのダメージを最小限に抑えた洗濯方法なのです。

ドライクリーニングは、衣類へのダメージや縮み・型崩れをさせないように生まれた洗濯方法なので、セーターやスーツ類など、ご自宅では中々洗えない衣類に適しています。

ご自宅で洗えない衣類は、ぜひ当店にお申し付けください。

ドライクリーニングの特徴